塗装のタイミング

塗装のタイミング

  • TOP
  • 塗装のタイミング

外壁塗り替えの適切なタイミングを知ろう

外壁塗装や屋根の塗り替えには適切な時期、タイミングがあります。ここでは、筑西市・結城市で外壁・屋根塗装・リフォームを手がけるムコウダが気になる塗り替えの時期についてお話します。なお、可能ならまず建物診断を行って、その結果に基づいて塗装の実施計画を立てるのがよいでしょう。詳しくはムコウダまでお気軽にお問い合わせください。

外壁を塗り替えるタイミングはこう見極める

外壁を塗り替えるタイミングはこう見極める

外壁塗装は雨風や紫外線(直射日光)を受け止め、室内への影響を最小限にしてくれるバリアです。外壁は非常に過酷な条件にさらされているため、一度塗り替えたとしても数年が経過すれば次第に劣化が顕著になります。例えば、クラックと呼ばれる塗装表面のひび割れ、塗膜の剥がれは代表的。またカビや藻・コケ等の付着といった見苦しい変化もあります。

これらは、そろそろ塗り替えが必要だというサインです。もし、このような状態を放置しておくと、建物の内部構造にまでダメージが及びかねません。普段、見ているようで意外と見ていない、ご自宅の外壁部分ですが、今日明日にでも気を付けてチェックしてみてください。何かしら「兆候」があったら、外壁塗装を検討された方がよいでしょう。

外壁・屋根塗装には適切なタイミングがある

外壁・屋根塗装には適切なタイミングがある

昨今の住宅用塗料は進化が著しいため、塗膜の耐久性も大幅に向上しています。したがって塗料のグレードにもよりますが10~12年ごとに塗り替えることができればベストでしょう。ただ、ご自宅の周辺環境や立地環境、前回塗装に使われていた塗料の種類などにより塗り替えのサイクルは前後します。要するに目視や触れた感じで変化を感じ取ることが大切です。次に外壁のチェックポイントを挙げておきましたので参考になさってください。

外壁劣化はここをチェック!

一つでも該当していたら、ムコウダにご相談ください。的確な診断により原因を究明し、適切な対応をご提案します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

チョーキング

チョーキング

ひび割れ

ひび割れ

剥がれ・膨れ・浮き

剥がれ・膨れ・浮き

手で触ると、白っぽい粉が付着します。一見、チョークの粉のように見えるためこの名があります。雨染みの原因となります。

チョーキングがさらに進むと、塗装面にひび割れが生じて見苦しくなります。顕著なひび割れは、建物内部までダメージが及んでいる証拠です。雨漏り・塗膜の剥がれの原因となります。 長期間にわたって雨にさらされていると、塗装表面はふやけて剥がれや膨れ、浮きが目立ってきます。

汚れ

汚れ

サビ(鉄部)

サビ(鉄部)

カビ・苔・藻類

カビ・苔・藻類

塗料がまだ新しく正常な状態であれば、汚れが付着しても雨などで流され、自然と落ちるはずです。そうでないということは、塗膜の性能が低下していると考えられます。 雨水などで鉄部がさびて周囲の塗膜が剥がれる原因となります。放置すると金属は腐食して危険なのですぐに対処が必要です。 塗料の防水効果が低下すると、雨水や湿気でカビや苔、藻類が表面に繁茂します。そのままでは内部まで湿気が侵入し、雨漏りの原因となるので要注意です。

塗り替えのサイクルとは?

塗り替えのサイクルとは?

外壁の塗り替えは10~15年ごとの実施が推奨されます。ただし、これは標準的なケースで、塗料のグレード、厳しい気象条件下に置かれているかどうかによっては、5~7年程度で限界を迎えることも少なくありません。日ごろから目視や触感で確認するのが大事だと言われるのはこうした理由からです。もし、少しでも懸念されるような状況があれば、ムコウダにご相談ください。的確な診断を通じて最善の対策をご提案いたします。

塗料の種類によって塗り替え時期に違いがある

塗料の種類によって塗り替え時期に違いがある

塗料メーカーはコストと耐久性・機能性によって製品ラインアップを用意しています。単純な比較で言えば、耐久性の低いものは安価で、耐久性の高いものほど高価になります。また、高価格帯の商品には耐久性を強化したものだけでなく、遮熱性など特定の機能を強化した付加価値性の高い商品もあります。

おもな住宅用塗料の素材と特徴は次のとおりです。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

価格帯 耐久年数 特徴
アクリル系塗料 4~7年
  • 最割安の塗料
  • 紫外線に弱く、耐久年数が短い

数年先に建て替えの予定があったり、塗り替えサイクルを短くして気分を変えたりしたい場合には最適。

ウレタン系塗料 5~10年
  • アクリル系塗料よりも汚れにくい
  • 塗膜に弾力があり耐久性・施工性に優れる
  • ヒビ割れが起こりにくい
  • アクリル系塗料より長持ち

最近では使われなくなってきた塗料。木部や防水工事などに部分的に用いられる。

シリコン系塗料

価格帯

7~15年
  • 紫外線に強く、防汚性が高い
  • ウレタン系塗料よりも耐久性に優れている
  • 汚れの付着や色落ちが少ない
  • 防カビ性・防藻性にも優れる

近年、住宅の外壁塗装の塗り替えはシリコン系塗料が主流となってきている。

フッ素系塗料 15~20年
  • 最高の耐久性
  • 価格は高めだが、塗り替えの頻度が少なくなる
  • 長期的には低コストで済む
  • 光沢感や防汚性が高い

今後、外壁塗装の主流となる塗料。

PICK UP!

「雨漏り119」に加盟!雨漏り調査・修理もお気軽に!

「雨漏り119」に加盟!雨漏り調査・修理もお気軽に!

「雨漏りもまだ軽微だから」と油断していると、やがて住まいの存続にかかわる「二次被害」の原因になります。実際に、多くのお客様から雨漏りについてご相談をいただくことが多いのですが、「もっと早く相談していればよかった」という方が少なくありません。なぜなら、「雨漏り診断士」の有資格者が在籍するムコウダなら的確な診断・対策が可能だからです。

雨漏りについて何か不安をお持ちなら今すぐにでも当社にご相談ください。なお、ムコウダは屋根補修業者の全国組織である「雨漏り119」に加盟し、優れたノウハウでどこよりも早く、確実に雨漏り対策を実施します。